« 2012年4月 | トップページ | 2013年5月 »

再び訪れてしまった・・・

二度と行くまいと決めていた病院・・・

まさにドラマの「白いきょとう」そのものの嫌な所Photo


今日限りで済むkとだけど・・・来ちゃいました。

本当は治療拒否しようとしてたんだけど

文凛のためにも元気であらねばならないmama

月曜日行ってきました、3時間待ちですよ~それから薬の投与して、ぐったりって言葉がぴったり。

でも次の治療から一井先生の病院もきまり六甲病院に変わります。

ホスピスでも有名な病院なので通う価値ありです。

mamaも何時かお世話になるんだからね・・・何より一井先生と共にじゃないと治療できません。

Photo_2


文凛はじめてのお留守番ありがとう。よく頑張りました。

mamaちゃんと治療受けるからね。

5月21日  リュープリン投与、ランマーク投与・・・

次回血液検査があります・・・良くなってるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び天使が舞い降りた日

昨日、mamaの腕の中に再び天使が舞い降りた。

Photo


沢山の人に助けて頂きました。

これからmamaはまた1つ責任をにないます。

だから明日の病院は逃げ出さずにいかないとね・・・

文左衛門、笑生・・・妹とmamaを見守ってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年祭り・・・終章

文と二人で盛り上がってきましたよ~

おっせ!おっせ!おっせ!おっせ!ってね。

今帰ってきました。1っポン締めして

毎年感無量ですね・・・

1_2


Photo


岡本は坂の多い村です。その中で2日に渡って頑張った皆さんご苦労さまです。文も付き添い毎年ながらご苦労様。

6年間、お星様になってから2年付き添って応援してますもんね。

ニコもお留守番ご苦労!!

二人ともお利口だから今年も戦利品ありです。(地車の上から最後になげられるお土産)いや~めでたい。

Photo_2


今年は生ものなんで今から3等分っこして食べようね。

mamaも後ろ最前列で交通整備してた見たいなもんだから食べてよかろう?

文へ

来年も行こうね~mamaちゃんとあるくからさぁ

でもその前に直ぐに夏祭りがくるわさぁ…そんで盆踊りがあって

寝込んでばかりいられん季節がやってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文に起された 祭り編2

昼間のパレードでちょっと疲れて眠剤で眠ってたmama

突然むっくり、それも爽快に目覚めたら

きっと文に起されたんだ・・・

Photo_4

2年前に引越して、でも祭りがあるから岡本離れなかったけど

新しいお家の方には地車来ないのにね…

なんとお家の所にまで来ちゃってました。

夜の地車も綺麗で良いね。

明日の予定も世話人さんに聞いたからばっちりよ

文は本当に祭りが好きだね。

ところでmamaには天から舞い降りたようなお話。

諦めていたブルっ子

Photo_5


一昨日突然、以前から本当にお世話になってるブル友達から連絡が入りました。

本当に諦めてた時だったので運命ってあるんだと感じました。

mamaの身体じゃ仔犬を育てるのも、大人になっても30キロ近いブルを育てるのも、無理だと諦めてた矢先です。

ブルっ子はもうお散歩も出きる若犬です。しかも小ぶりだそうです。

こんなことってあるんですね。お金の無いmamaのご予算にもぴったりでした。

19日に迎えに行く予定です。

名前は決めてるんです。女の子・・・・

1度mamaの手からするりと消えてしまった天使の名前をつけます。

文とニコはmamaに色んな試練を与えてくれます。

天の神があるならその神様も試練を与えてくれます。

辛さや悲しさ・・・でもちゃんと長帳尻あうように嬉しさも。

生きていく甲斐がつかみ取れるかもしれないmamaです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祭り1日め

今年も祭りがやってきました。

今日と明日のmamaと文が1番好きな時期です。

今日はパレードに

今年は10台の地車が集まりました。

ニコは怖いからお留守番で文お兄ちゃんと行ってきました。

Photo

相変わらずでっかくて派手派手な田中の地車です。

Photo_2


おとなり村の野寄の地車???なんだかでかくなってましたね?

そしてお待ちかねの文とこの岡本の地車・・・文が居たから?

目の前でしたね~

Photo_3


2


明日は朝から夜中までずっと岡本の地車と廻りましょうね。

また去年みたいに文は?聞かれるかな?

そしたら[ここに居ます]っていうからね。

あしたは1等近くで廻ろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2013年5月 »